交通事故の有料相談

交通事故の有料相談では金額が小さいものから大きいものまで様々あります。その中でも費用があまりかからないのが行政書士です。行政書士の中には交通事故に精通している方がおり、そういった方に相談をお願いすれば適切にアドバイスをしてくれます。また保険会社に向けて書類を作ってくれたりもできます。ただこれ以上のことはできず、特に保険会社との話し合いなどは行政書士にはできません。行政書士は弁護士の代わりにはならないですが、低額で交通事故に関するアドバイスはしてくれる存在です。

行政書士よりも費用が掛かるのが司法書士ですが、それ以上に多くかかるのが弁護士です。弁護士は相談に乗ってくれるだけでなく、訴訟を起こして代理人になってくれます。交通事故によっては後遺障害認定されて示談金が高額になるケースもあります。こんな場合には弁護士に早期に依頼して訴訟を視野に入れた方がいいと言えます。

訴訟を起こすことによって当初の賠償金が何倍にもなることは多くあることです。ですから高額賠償では最初から弁護士に依頼するのが最も適しています。弁護士に依頼する場合には費用が多くかかります。ですから訴訟を起こすとどの程度の賠償金が得られるのか、弁護士に一度無料相談に行ってみるといいでしょう。その際に増額する金額で十分に弁護士費用が賄えるということになれば、正式に弁護士に依頼をするといいでしょう。

交通事故の無料相談

交通事故に遭った場合には様々なことがあります。通院や入院中に疑問に思うこと、また後遺障害認定に関する相談、示談に関する相談など色んなケースがあります。これらに対して適切にアドバイスをくれる方がいないとどうしたらいいのかきっと誰もが悩むことでしょう。そんな交通事故被害者が安心して相談できる相手がいます。

無料の相談窓口として最も簡単なのが自分の保険会社です。保険会社はプロとしてしっかりとした知識を持っていますので、冷静にアドバイスをくれます。また保険会社の代理店で契約を結んだ方は代理店に出向いて相談に乗ってもらってもいいでしょう。これらの場合には相談費用が一切かかりません。

保険会社や代理店に話しにくい個人的な内容があるという方は地域で行っている無料の法律相談でアドバイスをもらうのもいいでしょう。これは弁護士が当番制で担当をしています。無料で相談ができるので地域の方にとってはありがたい存在です。しかし一般論的な話しかできず、保険会社に直接話をしてくれるわけではないので、示談の際には向いていません。また弁護士によっては交通事故に弱く、あまりわからない方もいるのがデメリットです。また任意保険の特約で弁護士費用特約があれば、場合によっては弁護士に依頼することができます。これは費用がかかるものですが、被害者はある限度額内では全く費用を払わないでいいありがたい特約です。また個人情報やあまり人には知られたくないような相談も弁護士にはしやすいというメリットがあります。